意外と知らないソープランドの歴史と背景

歴史を知って男の楽園を存分に遊びつくす!

ソープランドはこうして生まれた

ソープランドと遊郭の類似点と相違点

女性が男性に性的な奉仕を行うという意味において、ソープランドと江戸時代の遊郭は共通しています。
このことから、現在のソープランドは遊郭からきたものであると思っている人も少なくないようですが、それはちょっとした誤解です。
ソープランドはあくまでも「お風呂」ですが、遊郭は花魁と遊ぶところです。
ソープランドでは基本的に男性のほうに主導権がありますが、遊郭では女性優位の構図になっており、実際に性的サービスを受けられるかは花魁の気分と裁量にゆだねられています。
ただ、遊郭文化があらかじめ根づいていた日本だからこそ、ソープランドがこれほどまでに急速に浸透したということは言えるのかもしれません。
高級ソープランドほど格式が重んじられ、コンパニオンひとりひとりの品格がより重要視されるのは、花魁文化の名残りなのかもしれません。

終戦直後とソープランド

1945年前後、終戦から数年間の日本は歴史上稀に見る激動期にありました。
性風俗文化の面でも混乱がつづいており、かつての宿場町を中心にグレーゾーンに近いかたちで売春をつづける、いわゆる赤線地帯が全盛期をむかえていました。
ところが、昭和33年になって赤線が全面的に廃止されると、日本の性風俗文化はまたしても混乱をきわめます。
赤線廃止後も非合法で売春をつづける青線地帯が広がる一方で、当時すでに日本に入ってきていたソープランドがいよいよ大々的に認知されるようになりました。
赤線が引き受けていたある種アングラ的な役割をソープランドが代わって果たすようになったのです。
売春防止法によって性的肉体労働を禁止された女性たちの多くは新興のソープランドへ流れ、コンパニオンとして働くようになります。

▲ ページトップへ戻る